荻窪きりん堂鍼灸接骨院・整体院|こりや痛みを解消する整体

         荻窪きりん堂鍼灸接骨院/整体院
各種保険取扱い交通事故対応
診療時間



荻窪駅徒歩3分 予


BLOG

不意に起こる腰痛を減らすためには??

2024.02.07

こんにちは

 

東京都杉並区にある荻窪きりん堂接骨院です。

 

今回は不意に起こる腰痛について書いていきます。

 

不意に起こる腰痛

 

一度でも、大きな痛みを味わったことがある人は、いつやってくるかわからない痛みにビクビクしながら生活しているということも多いと思います。

 

その原因は主に体幹深層筋が働かなくなったことにあります。

 

四柱の1つである「身体機能の低下」に陥ってしまうと、筋シナジー(神経と筋の連動パターン)がうまく働かず、体幹深層筋を使えない状態で体を動かしてしまうこともあります。

 

たいていの大きな痛みは、そのときにやってきます。

 

腰椎を取り巻く筋肉を働かせずに骨を動かしてしまうと、必要以上に骨が動いてしまい、これが椎間板、椎間関節、もしくは安定感が失われた仙腸関節へ大きな圧力をかけることになり、痛みが生じるのです。

 

つまり、体幹深層筋がしっかり目覚め、低下していた身体機能を回復し、日常で動くことを避けず、さまざまな動きをおこなって正しい筋シナジーを再教育することができれば、基本的に不意の腰痛が起こることは、ほぼなくなります。

 

ただし、すぐに結果が出るわけではありません。

 

そこで、結果が出るまでの間に、少しでも痛みの機会を減らすため、不意打ちを起こさない動き方をいくつか紹介します。

 

 

①頭に思い描いてから動く

 

不意の腰痛をなくす最も有効な方法です。立ち上がるときなら、まず「立ち上がろう」と意識すること。

 

このように、行動の前に意識することで、脳は各神経をしっかりと制御できるようになるため、筋肉が働かず、骨に負担をかけてしまう不意の腰痛の多くは起こらなくなります。

 

たとえば、立ち上がるときや座るときに「どっこいしょ」などと声を発する人がいます。

 

じつは、これも不意の腰痛を回避するには有効な手段です。

 

とにかく、自分の動作を一瞬でもいいので、脳に意識付ける。たったそれだけのことでも、腰痛の予防になるのです。

 

 

②姿勢に気をつける

 

腰痛は椎間板と椎間関節が根本原因となっている人が多数を占めます。

 

これらは、どちらも椎骨をつないでいる場所です。

 

ということは、普段から腰椎にかかる負担を減らすような姿勢がとれれば、腰痛が出る頻度も低くなっていくわけです。

 

腰椎のカーブをコントロールして、椎間板と椎間関節にかかる圧力を均等にするような姿勢をとれれば、相当、腰椎にかかる負担は減っていきます。

 

そのような、前後のバランスがしっかりととれた状態を「ニュートラルゾーン」と言います。

 

しかし、ニュートラルゾーンは人それぞれ違います。

 

わずかにカーブを緩くしたほうがバランスがとれる人もいれば、カーブをきつくしたほうがバランスがとれる人もいるのです。

 

では、どうすれば、自分のニュートラルゾーンを見つけることができるのでしょうか。

 

「まっすぐピンと立つ」と言われると、ほとんどの人は、大げさに背中を反らせたり、脚をビシッと強く伸ばしたりして、スタビリティ(安定性)を優先しモビリティ(可動性)の低い姿勢をとりがちです。

 

次に、自分の考える悪い姿勢になってみてください。

 

いい姿勢とは対極の姿勢になると思います。そこで、いい姿勢と悪い姿勢の中間くらいで立ってみてください。

 

これが自分のニュートラルゾーンです。

 

前にも後ろにも重心が偏らず、スタビリティがあり、決してモビリティが衰えない姿勢です。

 

腰部に負担がかかっていないことも、実感できると思います。

 

電車で立っているときなど、立っている時間が長い場合には、その姿勢を維持することで、不要な椎間板、椎間関節への圧力を下げることができるため、腰痛の頻度も下がっていきます。

 

 

③座りながら安定した骨盤の傾きを作る

 

座っているときは、ついつい姿勢のクセが出てしまうものです。

 

腰を反らせすぎたり、逆に腰を丸め過ぎたりして、腰椎への圧力を知らず知らずのうちに高めてしまいます。

 

そこで、強制的に骨盤の傾きを作り出し、座りながらもニュートラルゾーンを意識するようにしましょう。

 

方法は簡単です。

 

本やタオルなどをお尻の尾骨の下に敷くだけです。

 

たったそれだけで、ちょうどいい骨盤の傾きを保ったまま座り姿勢を続けることができます。

 

とくに、座っているときに痛みが出た場合は簡単に椎間板や椎間関節への圧力を減らすことができて、痛みも軽減されるので、ぜひ試してください。

 

ただし、人によってちょうどいい厚みが変わってくるので、もし、本やタオルでは物足りない、傾きすぎていると感じたときは、いろいろな厚さの本やタオルで試してみましょう。

 

これで自分に最適な厚みがわかったら、座ったときに同じ厚さになるようなクッションに切り替えて、座りながら安定した骨盤の傾きを維持するようにしましょう。

 

 

まとめ

 

このように不意に起こる腰痛ですが、杉並区の荻窪駅から徒歩3分にある荻窪きりん堂接骨院では不意に起こる腰痛を防ぐ腰痛治療を行っております。

施術風景

腰の痛みでお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

参考文献:腰痛がス~ッと消える

著書 金岡恒治 成田崇矢

 

 
ブログ一覧へ戻る
03691510700369151070
TOP