荻窪きりん堂鍼灸接骨院・整体院|こりや痛みを解消する整体

         荻窪きりん堂鍼灸接骨院/整体院
各種保険取扱い交通事故対応
診療時間



荻窪駅徒歩3分 予


BLOG

産前・産後に大切なのは 「支える筋肉」

2024.01.19

荻窪駅北口徒歩4分、荻窪きりん堂整骨院です。

 

今回は妊娠中と産後の健康についてお伝えさせていただきます。

妊娠中と産後の健康を支える筋肉の役割

 

妊娠と出産は女性の体に大きな変化をもたらします。

 

これらの変化に対応し、健康的な妊娠期間と産後の回復をサポートするためには、

 

支える筋肉」の理解と鍛錬が不可欠です。

 

 

産前・産後の体の変化

 

妊娠中、体は赤ちゃんを宿し、成長する子宮を支えるために調整されます。

 

この過程では、特に骨盤と脊椎に大きな負担がかかります。

 

重心の変化により、妊娠中の腰痛や体の不調が生じることがあります。

 

  1. 脊柱起立筋グループ

 

この筋肉群は背骨を支え、体を直立させるのに重要です。

 

妊娠中の重心の変化に対応し、背骨の健康を維持するため、

 

これらの筋肉の強化が重要となります。

  1. 腹筋グループ

 

妊娠中、腹部が拡張すると、内臓は前に押し出されます。

 

腹筋グループは、この内臓の前方への移動を制御し、

 

背骨のたわみを防ぐのに役立ちます。

 

  1. 骨盤底筋グループ

 

骨盤底筋は、骨盤の底部に位置し、重要な支持機能を果たします。

 

これらの筋肉は、特に産後の回復期において、骨盤の安定性を高め、

 

尿漏れなどの問題を防ぐのに役立ちます。

 

骨盤底筋の誤解

 

一般的に骨盤底筋が直接胎児を支えていると思われがちですが、これは誤りです。

 

骨盤底筋の主な役割は、骨盤の底部を形成し、

 

全体の構造的安定性を提供することです。

 

 

効果的なエクササイズ

 

妊娠中と産後の女性に適したエクササイズは、

 

これら「支える筋肉」を効果的に鍛えることに焦点を当てます。

 

適切な運動は、筋肉の強化だけでなく、体のバランスと姿勢の改善にも役立ちます。

 

 

エクササイズの例

  • 脊柱起立筋グループ: ゆっくりとした背筋のストレッチや軽いウェイトトレーニング。
  • 腹筋グループ: 妊娠中適切な腹筋運動、呼吸に合わせた腹筋の収縮。
  • 骨盤底筋グループ: ケーゲル運動や骨盤底筋の意識的なリラックス。

 

 

生活習慣の改善

日常生活において正しい姿勢を保つことは、

 

「支える筋肉」を適切に使い、強化するのに役立ちます。

 

特に、長時間同じ姿勢でいることを避け、定期的にストレッチや軽い運動を取り入れることが重要です。

 

 

まとめ

 

妊娠と出産は女性の体に多大な影響を与えます。

 

適切な知識とエクササイズによって、これらの期間をより健康的に、

 

そして快適に過ごすことが可能です。

 

「支える筋肉」の理解と強化は、産前・産後の女性の健康にとって不可欠です。

 

妊娠中および産後の女性の体の変化に焦点を当て、

 

適切なエクササイズと生活習慣の重要性を強調しています。

 

これらの筋肉がどのように機能し、

 

日常生活でどのように活用できるかを理解することが勧められます。

 

参考文献

女性の一生に丸ごと活かせる

体づくりで変わる産前・産後

著者;奥谷 まゆみ

 
ブログ一覧へ戻る
03691510700369151070
TOP